看護師転職 人気 ナースワーカー|看護師求人好評ベスト5社まとめ【公式】おすすめサイト

看護師転職 人気 ナースワーカー、看護師求人好評ベスト5社まとめ、究極のおすすめサイト。

看護師転職 人気 ナースワーカー

2017/04/17

看護師転職 人気 ナースワーカー

看護師求人サイトを選び方として、大手で実績のある人気の看護師転職サイトを選択することは転職成功への第一歩となります。
以下、看護師転職で人気のナースワーカー、看護師転職サイト・看護師求人サイトの比較ランキングを掲載しております。
ナースセンター(ナースバンク)やハローワークにはない好条件、高待遇の非公開求人の見つかる人気の看護師転職サイトのランキングトップ5のまとめです。

第1位

ナースではたらこ

看護師転職 人気 ナースワーカー第1位、ナースではたらこ
公式ページ

第2位

ナース人材バンク

看護師転職 人気 ナースワーカー第2位、ナース人材バンク
公式ページ

第3位

ナースフル

看護師転職 人気 ナースワーカー第3位、ナースフル
公式ページ

第4位

看護のお仕事

看護師転職 人気 ナースワーカー第4位、看護のお仕事
公式ページ

看護師転職 人気 ナースワーカー第5位、マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師
公式ページ

■ブラック病院に転職して失敗しないために

看護師を目指す人には心優しい人が多いです。
看護師は、学校に行けば国家試験と言えども それほど難しくないです。
憧れの看護師になれたと喜ぶ人が多いものの現実には、看護師の仕事において幻滅を感じる人も多いです。

憧れを抱く大半の人は、白衣を着て患者さんに優しく接する姿を連想してると思います。

もし正社員雇用で入社したなら試用期間過ぎて正社員になれるかどうかから心配しないとならないところも有ります。
全ての求人では有りませんが看護師や介護の求人の中には人手不足だから人を集める為に正社員雇用と書いてるところも多いですが、正社員雇用にする気がなく試用期間で辞める人が多いから正社員雇用と書いて常に雇用契約のトラブルも多いです。

正社員になる能力が無いとか都合の良い言い訳をして数多くの看護師や介護士を傷つけてる病院に私も ひどく傷つけられました。
突然4日後からパート雇用に切り替えると言われて目の前が 真っ暗になりました。私より少し後に入社した人も同じ手口で ひどく精神的に傷つけられました。

もちろん そういう職場ばかりではありません。中には、雇用トラブルを起こすところもありますので正社員雇用で働きたいなら本当に正社員雇用にするところかどうか世間の評判を調べたりしてから面接に行くのが良いと思います。

私は、人気の看護師転職サイトや知人友人の紹介などで面接に行くのが良いと思います。

■看護師転職の際に注意する点とは

困っている人を助けたい、昔お世話になった看護師さんに憧れて…そんな理由で、高い志を持って始めたはずの看護師の仕事。しかし、人間関係や残業・夜勤が不満で、転職を考える方も多いのではないでしょうか。看護師は、人手が不足しており売り手市場です。そのため、転職先はスムーズにみつかるでしょう。

しかし、人手不足の業界ゆえ、せっかく転職したのにまた残業が多い病院だったり、患者様のケアが行き届かなかったりと、後悔するはめになる場合もあります。看護師の転職に成功するためにはいくつかポイントがあります。まずは、多少無理をしてでも在職中に転職活動をする事です。

退職後は、無職の状態に意外と焦ってしまうもので、早く次の職場を決めたいがために、あまり比較検討をせずに最初に内定が出たところに決めてしまうケースが多いです。しっかりと比較するためにも、在職中に転職活動をしましょう。

次に、なぜ転職したいのか、その理由をはっきりとさせる事です。人間関係なのか、労働時間なのか、衛生環境なのか。そこをはっきりさせないと、次の職場の選びようがありません。そして最後に、派遣社員として働いてみるという手もあります。紹介予定派遣を上手に利用し、派遣社員として働いてみて、今後もここで働きたいと思えば正社員として雇ってもらうという手もあります。

辛い面も多い仕事ですが、やりがいがあり給与も安定し、雇用が安定しないこの時代には羨ましがられる仕事です。ぜひ、理想の職場に転職し、輝かしい看護師ライフをおくってくださいね。

■看護師転職は福利厚生制度を検討

看護師として働いていくときには、給料より福利厚生を重視している方もいることでしょう。国民皆保健ですから、一般の会社員と同じように看護師も健康保険に加入をしていきます。

パートタイマーや派遣で働いていくときも一定要件を満たせば社会保険に加入していくことになります。現在では、一般企業にあまり見られないような院内保育室を用意しているような病院も増えています。

そして不規則な勤務時間で働くような看護師には、時間通り保育園に子供を迎えて行くことはできなくて、院内保育室はいたれりつくせりといった福利厚生もあり、単身者は病院近くに個室マンションに入居できるような制度もあったりします。

一昔前では、看護師同士で寮に入居して寝食を共にするといったことが珍しくはなかったのですが、最近共同生活を嫌っている方が多くなり、これが原因で人材確保できないようなことを懸念した病院側としてプライバシーに考慮した個室を提供するようになったわけです。。

しかし、これらはあくまで与力がある大きな病院の福利厚生制度であって、転職希望者も殺到してきて、晴れて内定をもらえればとても運がよいともいえます。

あと住む場所の提供までいかなくても、時短勤務を取り入れているような病院の看護師求人は、結構あります。そして、子供や家族の介護のために離職をしてしまうような看護師たちが多くて、彼らを引き留めていくため時短勤務を認めるような福利厚生制度も検討されています。この場合、勤務時間が短くなっても正社員の立場は変わらないで働けますから安定感があります。

潜在有資格者の有効活用に関して

全国的な看護師の不足が続いていますが、東京も例外ではありません。きたるべき超高齢化社会に備えて、十分な看護師の数を確保しておくことが重要になります。

全国の大学では看護学部の新設が増えていますが、本当の意味での戦力になるには時間を要してしまいます。看護師求人に見合う人材の確保には、時間をかけて取り組む必要があるのではないでしょうか。そこで期待されているのが、潜在有資格者や退職者の活用ではないでしょうか。

現場に復帰するための講習に関して、男性の看護師が増えていますが、やはり看護はまだまだ女性が中心の世界です。結婚や出産で職場を離れてしまうと、復帰に二の足を踏んでしまう方が大部分ではないでしょうか。そんな方々を職場に復帰させるには、講習制度を充実させるべきではないでしょうか。

もちろん、退職者の再雇用も効果的ではないでしょうか。介護施設を始め、透析外来においても患者が急増しています。優秀な看護師の育成が待ったなしですし、待遇面の更なる向上が期待されます。

東京都の看護師求人

看護師は、医師のヘルプや患者さんの怪我や病気をみたりする、必要不可欠な仕事となっています。求人自体は、こだわらなければ、ある程度多いと言われていますが、医療の最前線で活躍したい時には、やはり東京や横浜、大阪、名古屋など都会へ行かなければなりません。

田舎の方では、医療機器などにも限界がありますので、そのような時は、都会で看護師求人を探しましょう。看護師は国家資格なので、資格さえ取ってしまえば、日本全国どこでも働けることがメリットです。

現在、看護師求人を探している方は、東京都で探すことをお勧めします。東京は日本で一番人口が多いところであり、その分看護師も必要とされています。今は日本全体で看護師が不足していると言われていますが、特に東京都は深刻な看護師不足となっています。看護師不足となっているということは、求人も多いということです。つまり、求人が多く、就職や転職もしやすいということになります。地方よりも平均給与も高く、場合によっては同じ条件でも100万円以上年収アップする可能性がありますので、お勧めです。

(看護師転職 人気 ナースワーカー)

-看護師転職 人気 ナースワーカー
-